よさこい祭りの歴史(記載中)

作成にあたり以下のサイトを参考にしています。
 よさこい祭り歴史資料館
 よさこい祭りWWWページ(高知) Yosakoi Festival WWW Home Page (jp)
 よさこい祭り振興会
 よさこいプロジェクト2003
 よさペディア:やいろ
 等より
昭和25年
(1950)
 3月
もとは座敷踊りだったものを、新しく振りを付け直し「よさこい踊り」として、南国高知産業大博覧会で披露される。

天皇陛下の四国巡幸時の高知駅前
出典:ジャパンアーカイブス

昭和28年
(1953)
第二次世界大戦後の不況を吹き飛ばし、「商店街に顧客を呼び込ような、人が集まってくる何かをしよう」と入交太兵衛氏 常議員会にて発言。高知市の商工会議所が企画、「隣の徳島県で行われている阿波踊りに負けないお祭りに しよう」と考えました。
昭和29年
(1954)
第1回
21チーム
(773名)
4月
8月に、会議所と高知市の共催で永続性のあるお祭りよさこい鳴子踊り開催を決定日取りは、過去40年間、最も降水率が低かった10日、11日に決まりました。
6月25日
会議所観光部会の濱口八郎氏(初代濱長)が、作曲家 武政英策氏に歌詞・曲を依頼(当初から著作権フリー)後の「よさこい祭り全国大会」の特別賞(よさこい祭り最高の賞)「武政英策賞」の設置の元となった。
この時、武政氏のアイディアで、「隣の阿波踊りの素手に対抗してこちらは鳴子を使おう」という提案があり、「よさこい」の絶対アイテムになっています。
踊りの振り付けは、日本舞踊(花柳、若柳、藤間、坂東、山村の日舞五流派)のお師匠さんに依頼

武政英策氏は、当初8ビートで作曲を考えていたようですが、日舞の師匠に振付を依頼したことを知り4ビートで作曲したようです。
振付は、街頭踊り(ながし踊り)の為前へ前への振付に苦心したようです。
7月
よさこい祭振興会発足
7月15日
歌と踊りを発表
8月10日11日
第1回よさこい祭りは、開催されました。
この当時の、「よさこい祭り」は、伝統的な盆踊り風だったようです。
市内特設舞台7ヶ所で披露、高知城追手門内の本部、帯屋町2丁目グリーンロード、はりまや橋、上町、愛宕、菜園場、梅ヶ辻、街頭流し(中種-帯屋町-大橋通り-市営競輪場)これが、今、うちで踊っている「よさこい鳴子踊り」の原型です。
10日高知市内の銀行は休業
※会場については、8ヶ所と言う記述もあり、数と会場名は、不明なところもあります。
昭和32年
(1957)
第4回
31チーム
(1,847名)
第4回よさこい祭りから地方車が登場。
 地方車とは、現在、アンプやスピーカーの音響機器やバンド等が乗り込む車のこと。
 これにより、踊り子隊の自由度が高まり、後にオリジナルの曲を使う大きな要因になる。
 これで現在の「よさこい」に必要な、踊り子・鳴子・地方車、3つのアイテムが揃う。
昭和34年
(1959)
第5回
34チーム
(2,632名)
ペギー葉山さんが歌った、「南国土佐をあとにして」が大ヒットし、映画化で鳴子踊りの大郡舞が収録され、「よさこい祭り」は全国の人々が知ることとなった。
 高知県をイメージアップした功績で、名誉高知県人となり、後の「よさこい祭り全国大会」の特別賞「ペギー 葉山賞」の設置の元となった。
この時使われた楽曲は、改めて武政栄策氏が作曲し直したようです。

この年前夜祭が行われる。
昭和35年
(1960)
第7回
47チーム
(2,632名)
本部は、追手筋となる。
昭和37年
(1962)
第9回
48チーム
(3,312名)
日程は9日から12日となる。(但し12日は、市民納涼花火大会)
昭和38年
(1963)
第10回
48チーム
この年、台風9号の災害のため、当初9日から12日まで行う予定だったものを、8月15日から17日に延期
昭和45年
(1970)
第17回
万国博「日本のまつり」160名でよさこい鳴子踊りを披露。
平成28年参加費を現行 50,000円から 60,000円に変更
令和元年11月9日(土)
「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」奉祝まつり 祝賀パレードでよさこい鳴子踊りを披露
出演チームとらっくよさこい(ちふれ)